Loader
ホーム »   ...  » 製品案内 » 切削加工用樹脂素材 » ケーススタディ : TIVAR1000 + SBR

ケーススタディ : TIVAR1000 + SBR

UHMW-PE+SBR:ラバーバックシートの開発経緯

極端に小さい屈曲半径にライニング施工する場合UHMW-PEの薄いシートが要求されることが多い。UHMW-PEは接着が効かない為、ライングをする際にボルト止めをせざるを得なかった。しかし、ボルト止めをすることで表面にボルト部分が出てしまい、スムーズなスベリ性能を発揮できないでいた。

そこで、接着の効く方法としてSBRのゴムとの複合材を開発する事で、接着を可能とし極端に小さい屈曲半径にも施工を可能とした。しかも線膨張も抑えられ温度変化によりUHMW-PEがたわむ問題も若干解消された。

用途:スクリューフィーダー
量:25基
ライナー:TIVAR1000natural+SBR→2+1厚みのシート900×1800
バルク材: 牛の飼料(蜜入り)
既存材:

ステンレス

問題点: フローの問題、付着
施工年:  2010

導入時の課題

スクリューフィーダーのトラフおよび排出口に蜜を含んだ飼料が固着する。

クオドラントのソリューション

パーツの完成品(現地での加工を省く事で材料の歩留まりを改善)を納入することで、施工時間の短縮、及び通常の規格サイズ900w×1800Lではなく1100w×2200Lを特別製作することでユーザーの予算にマッチさせた。

Case Studies

Blended Coal

Drop-in TIVAR® 88-2 liners solve coal bunker flow problems at coke plant.

Open

Lignite Coal

TIVAR® 88-2 liners improve bottom dump railcar operating efficiency.

Open

Crushed Stone

TIVAR® railcar end wall liners enhance aggregate flow and reduce costs.

Open

Limestone

Major cement plant solves limestone flow problem with TIVAR® 88.

Open

Sub-Bituminous Coal

TIVAR® 88-2 liners eliminate flyash build-up in wet precipitator system.

Open