Loader

GMTex®

GMTをベースに、さらに高い耐衝撃性、強度、耐久性が求められる部品の要件を満たすために開発されたのがGMTex®です。この高性能熱可塑性コンポジット材は基材のPP(ポリプロプレン)、PA(ポリアミド)ならびに、TPP(熱可塑性ポリエステル)をランダムなガラス繊維と、ガラス織物で強化して製造されています。
その結果、極めて優れた機械特性をもつ革新的な材料が誕生しました。GMTex®は成形が可能で、鉄、アルミニウム、マグネシウム合金等の代替として、またはGMTの強化材として使用されています。
たとえばGMTが自動車部品の準構造部材(インストルメントパネル、テールゲート、シート等)に使用されているのに対し、織物と多層繊維で強化されたGMTex®は主に構造部材(フロントエンド、バンパービーム)に使用されています。GMTex®の最大幅は1m、厚さは2.5-5,5㎜です。

規格GMTex®
製品幅(パネル状)2.5-5.0 mm (0.098 - 0.198 in.)
厚さの許容誤差(8フィートパネルの場合)+/- 0.2 mm (0.008 in.)
幅の許容範囲(8フィートパネルの場合)+/- 1.0 mm (0.04 in.)
長さの許容誤差(8フィートパネルの場合)+/- 5.0 mm (0.197 in.)
生産可能な幅最大幅 1.0 m (3.28 ft)
成形方法圧縮成形
対応可能
半透明対応可能
耐水性対応可能
衝撃特性(故障モード)良好(延性破壊;割れ、破片なし)
腐敗、腐食、カビへの耐性優秀
項目測定値
引張強度(MD*)70 - 390 MPa
引張弾性(MD*)5200 - 18200 MPa
破断時の伸び(MD*)1.8 - 2.5 %
衝撃強度(MD*) (シャルピー 4.0mm)75 - 260 kJ/m2

*MD = Machine Direction(機械方向)