Loader
ホーム »   ...  » サステナビリティ » サステナビリティ - KAITEKI

サステナビリティ - KAITEKI

持続可能な発展への取り組みは極めて重要であり、全世界の企業やコミュニティがその実現において大きな役割を担っていることを、クオドラントは認識しています。  今後当社が社会における役割を果たしていくためには、社会や環境上の要請に応えることと経済的持続性を保つこととの調和を図ることが不可欠です。 

KAITEKI実現」への貢献

三菱ケミカルホールディングス(MCHC)グループの一員として、当社は「KAITEKI実現」のビジョンを通じ、持続可能な発展に取り組んでまいります。 
KAITEKIの定義は「時を超え、世代を超えて、人と社会、そして地球の心地よさが続く状態」です。
KAITEKIビジョンについて、詳しくはMCHCのウェブサイトをご覧ください。

調和のとれたアプローチ - KAITEKI経営 

KAITEKI経営の導入に伴い、当社はKAITEKIビジョンを自社のあらゆる活動の中心に据えるよう努めています。  
KAITEKI
経営が目指すのは、企業活動における3つの基軸、すなわち資本の効率化を重視する経営(MOE: Management of Economics)、イノベーション創出を追求する経営(MOT: Management of Technology)、そしてサステナビリティをめざす経営(MOS: Management of Sustainability)の調和です。 
当社は「MOS」の判断基準である「Sustainability(サステナビリティ)」「Health(健康)」「Comfort(心地良さ)」を用いて新たな価値の創出活動を策定するとともに、MOS指標の目標を導入し進捗を測定する予定です。

KAITEKI - 既存の価値に対する新たなアプローチ

クオドラントは従業員の安全に関する取り組みに最も力を入れるとともに、最高品質の製品をつくることに重点を置いています。革新的な製造会社として、クオドラントは自社の製品とサービスを通じ、生活の質と環境を守り、向上させる努力をしています。資源の使用量が減り、世界の環境基準に準拠するような製品設計や製造工程を導入することで、当社の事業による環境への影響を徐々に縮小していきます。

責任と倫理

当社は自社のすべての取引において健全な倫理観に基づいて行動し、法に従うよう努めます。当社の業務遂行および倫理に関する基準はMCHCグループの「企業行動憲章」により規定されています。当社従業員は、ここに規定された原則や価値観を行動の指針としています。最終持株会社のコンプライアンス研修プログラムにも参加するほか、定期的・継続的に意識向上のための研修を実施し、世界各地のチームが倫理基準を包括的に理解できるよう努めています。 

グローバルタックスポリシー

当社の税務方針(グローバルタックスポリシー)は、英国2016年財政法附則第1919項(2)の要件を満たすよう制定されています。下記のリンクをクリックするとポリシーをご覧になれます。
三菱ケミカルホールディングス・グローバルタックスポリシー