REACH

REACH 規制はRegistration Evaluation and Authorization of Chemical Substances
の略で、安全な利用を目的(EC19907/2006)としたEU(欧州連合)の化学物質の法規制で2007年の6月から施行されています。

REACH 規制は化学物質を登録、評価、認可、使用規制を定めた法です。EU内の製造業者や輸入業者はEU内に化学物質を持ち込む場合、REACH規制によりその物質の登録が必要です。

化学物質の年間1トン以上の生産者や輸入者は各業者ごとに自動的にREACHに取り込まれます。当社はプラスチックの製品、半製品のメーカーで、これらの製品は品物とみなされ、REACH規制の影響を直接うけないので登録の必要はありません。これらの品物を製造する過程で使用するポリマーは初めは登録や評価を免除されていますが、このポリマー製造過程で使用するモノマーや他の物質は規制に遵守する必要があります。基本的ポリマーは別にして、商業化の可能なプラスチックは添加剤を含有しているので調合品とみなされ、その物質は登録され、評価され、必要に応じて認可されなければなりません。

クオドラントは下流製造加工業者なので、サプライヤーから関連製品の情報を入手する必要があります。現在まで、全サプライヤーから情報を得ています。EU向け製品に使用したモノマーと添加剤はECHA(欧州化学庁)で2008年12月以前に予備登録しました。当面、このモノマーと添加剤は利用継続可能なので、EU内の化学物質メーカーと輸入者はこの物質の登録用書類を準備しています。

サプライヤーがその製品に使用する物質の化学物質安全レポートを作成するために
当社はデーターを集め積極的に協力します。このデーターは主に使用法と人間と環境への汚染の可能性の情報から構成され、当社の製品に使用される化学物質のサプライヤーに提供されます。

お問い合わせ
keyboard_arrow_down